平面図形・空間図形
別プログラム編成!

平面図形・空間図形の別プログラム編成!

KIWAMI AAA+® 中学生の図形の極

難関校受験〜高校予習レベルまでの
段階的な学習を実現。

KIWAMI AAA+ 中学生の図形の極

中学生の
図形の極の魅力

日本全国のみならず海外の教育界も注目する、
図形学習のスタンダード「図形の極」がさらに進化しました。

POINT 01

平面図形・空間図形の別プログラム編成

中学1年生~3年生のレベルに対応したGrade1~Grade3までは平面図形と空間図形の別編成で、各図形を系統立てて段階的に学ぶことが可能。テキストも2冊に分かれています。
※Grade4~6はテキスト1冊になります。

複合図形も利用して体積や表面積を求める
POINT 02

テキストには、思考を助ける方眼ページを用意

図形問題を解いていく過程では、図を描いて考えたり、途中の式を丁寧に書いて思考の流れを記録することが大切。方眼ページに書き込むことで、自分の考えを整理し、ふり返りが可能になります。

POINT 03

イメージから思考へと発展させる考え抜かれた問題配列

まずは図形を理解する段階から徐々にステップアップして、ムリなく応用問題へとつなげます。初めて見る図形も頭の中でイメージしようとする力を育みます。

POINT 04

公式だけに頼らない思考力の育成を助けるアニメーション

中学校では公式を暗記するだけになりがちな学習も、わかりやすいアニメーションによって、直感的な理解を促します。数学の面白さを感じさせ、高校数学でも興味を持って取り組む姿勢を引き出します。

POINT 05

総設問数1,000題以上、難関私立高校入試問題を超えて高校レベルまで

全国の公立高校入試問題はもちろん、私立高校の入試問題も分析して、基本からハイレベルな問題まで精選。系統立てた学習を進めていく中で、イメージする力を鍛え、複雑な図形問題に出会っても投げ出すことなく解法を導く力を養います。

進級式・無学年制の
学習教材

学年にとらわれずに学ぶ

進級式・無学年制のため、学年に関係なく理解力に応じた実力養成が可能です。

「図形」と「代数」は、子どもの理解度に大きな差が生まれやすい分野です。だからこそ、一人ひとりの理解度に応じたていねいな学習の進め方が大切になります。そこで「KIWAMI AAA+®」は「学年」という枠組みの中でカリキュラムを構成するのではなく、子どもの一人ひとりの理解度、習熟度に合わせて戻り学習や先取り学習を進めていくことができる進級式・無学年制を採用しています。学校学習では次学年あるいは次々学年で習う問題でも、10級から順番に実力をつけてきた子どもなら、解けるようになります。

進級式・無学年制のため、学年に関係なく理解力に応じた実力養成が可能です。
分野を分けてくり返して学ぶ

算数・数学を「図形」と「代数」の
2分野に分けることにより、
体系立てて学ぶことができます。

図形脳を伸ばすことは、空間認識能カも育てることができます。空間認識能カとは「ゼロからものを生み出すカ、⾒えないものをイメージするカ」であり、時間の概念(管理能力)や、クリエイティビティ(創造力)なども育みます。たとえば「30分あれば◯◯ができる」「この椅子の大きさなら部屋における」など社会に出てからも必要とされるカです。
『KIWAMI AAA+®』は入試に必要な学カを伸ばすだけでなく、空間認識能カを育てるために開発された、未来に必要な力を育む学習教材です。

算数・数学を「図形」と「代数」の2分野に分けることにより、体系立てて学ぶことができます。

タブレット×テキスト
ハイブリッド学習

「KIWAMI AAA+®」の「AAA」はAI(人工知能)、Animation、AR(仮想現実)、の「3つのA」と、これらにテキスト(冊子)も加えて学習することを「+」で表しています。専用アプリもしくは専用サイトを活用することで、先生の授業とアニメーションが一体となった面白くてわかりやすい映像教材で算数・数学を学び、さらにテキスト教材で演習を重ねていくことで、効率的に学習を進めることができるようになります。

  • Animation
    Animation
  • AI
    AI
  • AR
    AR
  • +Text
    +Text
  • Animation アニメーションを見て学習

    問題のヒント・解説・導入を、アニメーション映像や講師による実写との合成映像で確認して学習ができます。

  • AI AIによる学習データの蓄積

    一人ひとりのつまずき箇所や得意・不得意をAI(人工知能)が収集。進級時の復習の際などに適切な出題が可能になります。アプリを長く使うほど、生徒個々の特性にぴったり合った教材へと成長していきます。

  • AR AR(仮想現実)の活用

    タブレットのカメラを通して図形を画面に投影、生徒が自分で上下左右に自分の身体を動かして360度の方向から見ることにより、図形のイメージング力が向上します。

  • +Text 専用アプリ + テキスト

    iPad専用アプリにテキストをプラス(+)して学習します。アプリ版・ウェブ版の両方をご用意しています。(ウェブ版ではAR・形と遊ぶは使用できません)

  • SPIRAL LEARNING スパイラル・ラーニング

    同じ種類の問題をくり返し出題、問題自体のレベルを徐々にアップさせていくことで、自然に難易度の高い問題が理解できるようになる仕組みです。暗記に頼らず、問題の考え方を生徒に理解させることができます。

「KIWAMI AAA+®」の
効果的な使い方

アプリのみで完結せず、テキストとのハイブリッド学習による
相乗効果で効率よく学習が向上できます

  • 学習したい「アプリ」を起動して「テキスト」を選択

    あなた専用のアカウントでKIWAMIAAA+アプリにログイン。

    あなた専用のアカウントでKIWAMIAAA+アプリにログイン。
  • 学習したい「分野」を選択

    学習したいテキストを選択すると、分野一覧が表示されます。

    学習したいテキストを選択すると、分野一覧が表示されます。
  • 学習したい「単元」を選択

    分野を選んだら、次に学習したい単元を選びます。それぞれに学習状況の進捗率が表示され、すべての項目の進捗率が100%になると「確認テスト」に挑戦できます。

    分野を選んだら、次に学習したい単元を選びます。それぞれに学習状況の進捗率が表示され、すべての項目の進捗率が100%になると「確認テスト」に挑戦できます。
  • 導入映像を見てからアプリの問題にチャレンジ

    新単元を学習するための導入映像を見てから問題を解き始めます。アプリから解き始めてください。「ヒント」や「解説」の映像もあります。

    新単元を学習するための導入映像を見てから問題を解き始めます。アプリから解き始めてください。「ヒント」や「解説」の映像もあります。
  • テキスト(冊子)を使って学習した分野を練習

    実際に紙のテキストで書き込み学習を行います。自分自身で参考書を丁寧に書き込むことで、学習内容の定着をしっかり実現します。

    実際に紙のテキストで書き込み学習を行います。自分自身で参考書を丁寧に書き込むことで、学習内容の定着をしっかり実現します。
  • 「確認テスト」と「進級テスト」にチャレンジ

    分野ごとに「確認テスト」にチャレンジしましょう。すべての「確認テスト」に合格するすると「進級テスト」にチャレンジできます。「進級テスト」は正解できなかった単元を中心に、AIが問題を選定して出題してくれる、あなただけのオリジナルテストです。進級テストに合格したら、次の級へ!

    分野ごとに「確認テスト」にチャレンジしましょう。すべての「確認テスト」に合格するすると「進級テスト」にチャレンジできます。「進級テスト」は正解できなかった単元を中心に、AIが問題を選定して出題してくれる、あなただけのオリジナルテストです。進級テストに合格したら、次の級へ!

KIWAMI AAA+® 中学生の
図形の極の
よくあるご質問

Q

『KIWAMI AAA+® 中学生の図形の極』はどこで学習できますか?

最寄りの学習塾や小学校、学童、幼稚園にお問い合わせください。
取扱い団体については「全国の導入団体一覧」をご確認ください。

Q

テストはあるのでしょうか?

「確認テスト」と「進級テスト」の2種類のテストがあります。
「確認テスト」は分野の習熟度を測るため、「進級テスト」は次の級に進むためのテストです。どちらもPC、タブレットで受けることが可能です。

MENU