インドで「図形の極」をご採用いただいている、アワデッシュ・ドゥベイ校長先生(インド政府立学校 KVS Sector 2 RK Puram)から応援メッセージをいただきました。

ミャンマーのハムシー村

2017年3月3日

ミャンマーのハムシー村の保育園の寄贈のサポートをしました。
皆さんとても喜んでいました。
そろばん袋作りを依頼しているパオ族の子供たちの
歓迎の踊りもありました。

 
 
 

インド人ブロガー(玉井満代FaceBookより)

2017年2月19日

先日のデリーでの怒涛のブロガーミーティングの末、あるインド人ブロガーが書いてくださった記事です。感謝。

 
 

ランチミーティング(玉井満代FaceBookより)

2017年2月10日

ランチミーティング。
このサイズのピザ、いいですね。
1つ120ルピー(約200円)


動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

昨日の研修がインドの新聞の記事になりました(玉井満代FaceBookより)

2017年2月9日

昨日の研修がインドの新聞の記事になりました。
要約すると、美しい日本のご婦人が創った教材が、どうやらインドの学校のあちらこちらで正式に使われるらしい。
そろばんを使ったり、図形をアニメで学習したり。理科教材もあるようだ。
4月からはインド全土、第3位の規模を誇る有名私立学校でも始まるので、この美しいご婦人は来月も大勢のインド人の先生に対しての研修に来るらしい。ご苦労なこった。
みたいな笑(一部創作しています)

 

ラーンチーで意見交換(玉井満代FaceBookより)

2017年2月8日

睡眠1時間で朝4時半に、車が迎えに来て、国内線でラーンチーへ。(読み方難しい)
インド政府立学校のKVSで、昼食をはさんで夕方までイロイロ打ち合わせ。
学校の校長先生ばかりが集まって意見交換。
生徒じゃないから調子がくるって、なんかもっとやれたんじゃないか。と、後悔している自分が悔しい。
明日のために早く寝たいけど、今から大切なミーティング。秘書の高野もずっと同じ行動です。
ほんと、ありがとう。

 
 
 

インドの直営塾のご紹介!

2017年2月7日

弊社の直営塾であるデリーのKIWAMIでも、そろばんや極を頑張っています。
みんな黙々と真剣に!でも楽しみながら学んでいます。
もっと玉井式を学ぶ生徒が増えるよう、今後も頑張ります!
インド法人HP:http://kiwami.in/

 

インドのそろばんイベント改め 玉井式ワークショップその2(玉井満代FaceBookより)

2016年12月22日

インドのそろばんイベント改め 玉井式ワークショップその2
踊って歌ったワークショップ。そろばんの組み立てはなかったけど、学長に差し上げたそろばんクロック(荷物に入っていた)は大好評でした。
この専門学校では、異宗教であっても、皆が同じ学校で親しく学ぶことでの世界の平和を追求されています。
実際に、ヒンズー、カトリック、イスラムなどの多宗教の学生が在籍していました。
ロビー氏はカトリックの司教でもあり、全インド司教会KCBCのトップでもあり、学校の経営者でもあります。
インドの子供たちが抱える多くの課題のお話しを伺っているうちに、いつの間にやら彼らのインド全土の活動を広報する映像の、日本語訳と、ナレーションをお手伝いすることになりました。
何かお手伝いができれば、と、思います。
そして今日はクリスマスイベントの日だったので、なぜか私たちにもサンタの帽子をかぶせてくださいました笑

 
 

玉井式ワークショップ イン コーチ(玉井満代FaceBookより)

2016年12月22日

実況中継 インドのそろばんイベント改め
玉井式ワークショップ イン コーチ
そろばん組み立て進行に自信のない私たちは、「玉井式図形の極み」体験会をすることに。
インターネットはある→けど、会場にはなかった。
プリンターはあるから使える→けど、家庭用みたいな一枚ずつするやつだった。(合計320枚必要)
秘書の高野がメチャ頑張ってくれて、京都のスタッフにデータの編集を頼み、問題を選んでミニマムな極みをやろうとした。
、、、、、、、が、やって来たみんなそろばん組み立てではない事が分かってあからさまにガッカリ。
で、ヤケクソで、以下の通り。ごめんね、次回はそろばんの名人、絶対に連れてくるから。

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

アクシデントかチャンスなのか!?(玉井満代FaceBookより)

2016年12月22日

アクシデントかチャンスなのか!?
昨日の夕方にデリーからコーチに移動して、最後のワークショップを開催、、、、の予定が、なんと、播州そろばん組合チームの全員の方が飛行機のチェックインをされておらず!?
気が付いた時には時間切れ(取り消し)。すでに満席。
私と高野とシッダールタは予定通り搭乗。そろばん部品の荷物も載せる。
そして慌てて他の便を手配する(なんと自分たちが乗った飛行機の中から)と、2時間後出発する別便チケット2枚(そろばん組合チームは3人)確保!
3人目はウエイティングリストのまま、離陸。
機内で手配の連絡電話しまくって、何度もCAに注意される。
降ろされるかと思った。
最低でもお二人はコーチに到着されるはずなので、万一最後の1人が乗れなかった場合のホテルの手配と、現地アテンダーの手配をしよう。と、相談。
コーチ到着。
なんと、3人とも乗られていない!?
3人に、泊まっていたホテルに戻っていただき、お部屋確保の
ご連絡をもらってホッとする。
そして、夜9時。学校側にイベントキャンセルの連絡。
すると、、、、、、
「子供たちは明日、日本の人に会えることを心から楽しみにしています。何でもいいから、ワークショップしてください。あなたは、コーチにいるんでしょ?」
ええええええええええええええええええええええ!!!
そろばんの部品は揃っていますが、、、、無理ですムリ。
という訳で、シッダールタを、組合チームのみなさんがおられるデリーに本日早朝便で帰し、高野と2人で、英語もままならない学校で、極みの準備中です。
かつてないピンチ。

 

インドの私立学校 (玉井満代FaceBookより)

2016年12月21日

実況中継 インドの私立学校 そろばんイベント その8
今回は、12学年、3000人の生徒数を誇る、ケンブリッジファウンデーションスクールでのイベントです。
宮永さんはじめ、播州そろばん組合チームの 臨機応変な行動が素晴らしいです。

 
 

インドより実況中継 8(玉井満代FaceBookより)

2016年12月20日

実況中継 インド国立学校 そろばんイベント その8
午後から別の学校へ

 
 

インドより実況中継 7(玉井満代FaceBookより)

2016年12月20日

実況中継 インド国立学校 そろばんイベント その7

 
 

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インド人(玉井満代FaceBookより)

2016年12月20日

インド人になりました。

 

インドより実況中継 6(玉井満代FaceBookより)

2016年12月20日

実況中継 インド国立学校そろばんイベント その6
2日目が始まりました。

 

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インド国立学校(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

インド国立学校のみなさま、いつも本当にお世話になりありがとうございます!
明日もまた、よろしくお願いします。明日は生徒数3000人の学校にお邪魔します。

 
 

インドより実況中継 5(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

実況中継 インド国立学校そろばんイベント その5
ついにマイソロバンができたよ!

 
 

インドより実況中継 4(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

インド国立学校そろばんイベント その4
ふるふるふる

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インドより実況中継 3(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

インド国立学校そろばんイベント その3
背すじをピン

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インドより実況中継 2(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

インド国立学校そろばんイベント その2

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インドより実況中継 1(玉井満代FaceBookより)

2016年12月19日

インド国立学校そろばんイベント その1

動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。

インドの有力紙の一つであるAmar Ujalaに、玉井式の紹介記事が掲載されました。

2016年11月30日

暗号のようにしか見えない(!?)、ヒンディー語で書かれた原文の記事は
こちら↓からご覧いただけます。
http://www.kokugoteki.jp/img02/india_media2.pdf

掲載記事の日本語訳はこちら↓よりご確認いただけます。
http://tamai-edu.com/tamai/translation_article.pdf

インドでも玉井式の知名度を上げていくために 今後も積極的にPR活動を行っていく予定です!

シンガポールでの講演会(玉井満代FaceBookより)

2016年11月26日

昨日、シンガポールでの講演会、無事終了しました。
シックな一軒家の会場に素敵なお母さまが大勢おこしくださり、おかげさまで大盛況でした。
金田代表の、未来を見据えたインフォメーション、なるほどです。

また、大きな収穫として、シリコンバレーで働いていたという日本人の若きベンチャー起業家の方々との
出会いもあり、日本はまだまだ棄てたもんじゃない、と、明るい希望ももてました。
熱意あふれる優秀な若い人びとを応援したいです。

そして色々知ると、ますます、自分の力の不足を感じます。
独りよがりにならず、教材をグローバル化しなくては。
世界は本当に大きく動いていることを実感。

 
 

玉井式の大きな種(玉井満代FaceBookより)

2016年11月23日

いよいよシンガポールに、玉井式の大きな種を植えに参りました!
(チャンギ空港、SAGAの木の種のオブジェ)


ニューデリーでPR活動中!(玉井満代FaceBookより)

2016年11月22日

終日、デリーの新聞社やTV局回り。地道なPR活動です。

道路の混み具合がハンパないので、数多く回れないのが残念。

 
 

玉井式がインドのメディアで大きく取り上げられました!

2016年11月15日

2016年11月7日、玉井式がインドのメディア29社で大きく取り上げられました!

掲載メディアの一覧はこちら↓よりご確認いただけます。
http://www.kokugoteki.jp/img02/india_media2.pdf

掲載記事の日本語訳はこちら↓よりご確認いただけます。
http://tamai-edu.com/tamai/PressReleaseTranslation.pdf

今後、インド全土の公立、私立学校で80万人の生徒に玉井式の教材を使ってもらえるように、頑張っていきます!
インドでの取り組みについては、今後ホームページ上でも定期的にお伝えしていきますので、
ご確認いただけると幸いです。

デリーは happy teachers day.(玉井満代FaceBookより)

2016年9月6日

デリーは、happy teachers day.
だそうです。
先生に感謝する日だそうです。
学習塾ですのでそんなに艶やかに着飾っても、、ま、いいですけどね笑


ガネーシャの記念日(玉井満代FaceBookより)

2016年9月4日

9月6日はガネーシャの記念日。デリーでは大きなお祭りで、お休みになる会社もあります。
今日はその前祝い?のような儀式があり、授業と授業の合間にお祝いしました。

 

シンガポール→デリー→シンガポール(玉井満代FaceBookより)

2016年8月16日

本日16日から 19日までシンガポール→デリー→シンガポールでの仕事です。0泊4日の強行軍。
ホテルをデイユースして ひと休みを入れますが。

時差を利用して、夜中の便で移動しておけば、国をまたいでも、それぞれの現地で丸一日仕事ができます。
国内と同じ感覚で。夜便は搭乗したら寝るだけですしね。私の性格には合ってます。

でも、すでに出発2時間遅れです。夕方からシンガポールで打ち合わせあるのに苦笑

手作りのそろばん袋(玉井満代FaceBookより)

2016年7月27日

やっと、ミャンマーのハムシ村から手作りのそろばん袋が届きました(^o^)/
パオ族の方々が布から作る、完全受注製品なので、年間500しかつくれませんが。
仕事のないハムシ村のパオ族の貴重な収入源になります。


シンガポールに到着!(玉井満代FaceBookより)

2016年7月22日

昨日の夜10時発の飛行機に乗ってデリーを出発し、朝6時にシンガポールに到着しました。
この便いいですね。離陸と同時に寝てしまったらしく、気がつけば着陸態勢でした。
今からデイユースのホテルで一休みして、午後からのプレゼンに備えます。インドとはまた違う緊張感のある国ですね。


タイの現地法人代理店代表者からのメッセージです

タイ・エカマイ インターナショナルスクールで来週から授業が始まります。

タイのインターナショナルスクールでの玉井式が始動

2016年1月14日

バンコク市内のエカマイ インターナショナルスクールでは1500名の生徒が在籍しています。

1月25日からアフタースクールアクティビティーズの玉井式「Eeそろばん」の講座がプログラムとして始まることになりました。

5才児のクラスでは、子どもたちがあきないように歩いたり

走ったりしながらエアーソロバン

「ごはさんしてー」
玉井は海外でも「そろばん」と「ごはさん」は日本語で教えます。

1up、2up









      ↓つづきは動画で

この後、なんと校長先生から「図形の極」のオファーもいただきました。夏からはKIWAMI講座もはじまりそうです!

マレーシアで玉井式の紹介をしました!

2015年11月30日

今回はマレーシアにある小学校やパートナー企業の社員様に対し、玉井式を紹介。
また、大学で日本語クラブに属している生徒さんが主催の日本文化紹介パーティーにも参加し、有意義な訪問となりました。
少しではありますが、現地撮影の画像とともに、訪問の様子を紹介します。
動画が一番下にあります。あわせてご覧ください。

Day's 1

マレーシアの子供達向けにそろばんのデモンストレーションを行いました。
お子さんと一緒に保護者の方も参加され、後半では保護者の方がお子さんにそろばんを指導するという
場面も見られました。
イベント終了後に「もっとそろばんを勉強したい!」との声もあり、大好評のうちに終了しました。

パートナー企業の社員の方々にそろばんの研修を行いました。初めて使うそろばんに戸惑っておられる様子でしたが、玉井の熱い指導の結果、簡単な見取り算までできるようになりました。

  説明映像を見て、そろばんの使い方を学習します。

 「10の位に1は入れられましたかー?」

 みんなで指使いの練習です。




最後は実際に見取り算を解いてもらいました。テキストの向きにご注目!

Day's 2

マレーシアの公立小学校2校を訪問し、そろばん授業を実施しました。

◇Putrajayaの学校にて。慣れないそろばんを使ってどんどん計算問題を解いていきます。




熱心に指導する錦織。指使いも正しく、すらすらとそろばんが使えるようになった男の子。

◇Cyberjayaの学校にて。子どもたちは教材に出てくるキャラクター(グーピー)を気に入ってくれたようです。

◇校内の掲示板はカラフルでインパクトがあります。

Day's 3

大学で日本語クラブに属している生徒さんが主催の日本文化紹介パーティー、その名も『絆』にお招きいただきました。笑顔がチャーミングな先生は、日本語がとても流暢でした。



主催者の男子学生と写真を撮る玉井。「先生、かわいい方ですね。」と言われてこの笑顔。



女子学生に「イメージ計算」を教える玉井。催眠術をかけているわけではありません。



実は、サプライズで新幹線のプレゼンテーションもしました。弊社期待の新人、田尻が発表。(もちろん全て英語です。)動画をお見せできないのが残念。

<おまけ>



基本的にホテルと仕事場しか行き来しない玉井ですが、今回はJalan Alorという屋台の並ぶ通りへ。客引きのお兄さんに先々で声をかけられる錦織。 (スーツだからでしょうか?)

玉井式の最新情報!マレーシアの小学校でのデモンストレーション!

2015年11月18日

インド教室の最新情報!

2015年9月3日

今回は4月よりオープンしました、インド初!の玉井式ICT学習塾の最新情報を紹介します。

現在インド教室では、インドで採用した先生たちが、国語的算数教室、図形の極、ガッタマそろばん、学研サイエンス、ロボティックス(プログラミング)の指導を行っています。
生徒や保護者の方々の評判もよく、現在40名程度の生徒が楽しみながら学んでいます。

インド法人のHPも開設しました!ビジュアルもきれいで、玉井式教室をインドの方々にアピールできる内容です!
インド法人HP:http://kiwami.in/

玉井式を学ぶ生徒がドンドン増えるよう、これからも頑張ります!

◇インド教室の様子。生徒たちは楽しんで授業を受けています

 

3月6日(金)~18日(水)インド訪問の様子

2015年3月25日

今回は、いよいよ4月からオープンするインド初!の玉井式ICT学習塾開校の最終準備を行いました。
まずは、インドで採用した先生たちの研修で、国語的算数教室、図形の極、ガッタマそろばん、学研サイエンスについて集中的にトレーニングを行いました。また、保護者への説明の仕方など、ロープレを繰り返し習得してもらいました。みんな、大変飲みこみが早く、また先生たちも良い授業ができそうで、とても楽しみです。

次に、16日から始まった体験授業です。毎日、体験の子供達が来てくれて、先生たちも毎日成長してくれています。生徒や保護者の方々の評判も上々です!

◇先生たちの研修の様子。皆真剣に楽しみながら頑張っていました!

 

 

◇いよいよ体験授業。みんなが協力し合いながら盛り上げてくれました。

 
 

インド法人が正式に設立されました

2014年12月19日

2014年12月19日付、インド法人Tamai Onettom India Private Limited が設立されました。
ここを出発地として、これからインド全土で玉井式の指導を行っていきます。
ワクワクします!

以下が、インド政府から発行された正式な証明書です。

12月14日(月)~17日(水)インド訪問の様子

今回は、KVS NMR, JNU Campusにて授業。まだ図形の極を導入していない学校での授業となりました。
コンピュータが接続されていなかったり、フラッシュがインストールされていなかったりと、はじめはバタバタしましたが、作業している間、玉井は横のダンボールを取り、展開させながらの授業を実施。生徒も大変元気よく授業についてきてくれました。最後はパソコンも繋がり、無事終えることができました。

今回は、インド法人の現地社員が誕生日だったため、美味しいインド料理屋さんでパーティーも行いました!
お母さんにも来ていただきあたたかな夕食会になりました。

◇ダンボールを使った授業。生徒は楽しそうに集中している様子!

10月12日(日)~15日(水)インドKVSでデモ授業実施の様子

今回は、KVS sector 2 R.K. Puram にて授業。日本の読売新聞社の取材も入っての実施となりました。
インドはDiwali(ディーワリ)というお祭り前。これは、インドのヒンドゥー教の新年のお祝いで別名「光のフェスティバル」とも呼ばれているものです。町もなんとなくお祭り気分!

◇学校でたくさんの生徒達に歓迎セレモニーをしていただきました!感動しました。

◇生徒たちはいつも楽しく、真剣に授業に取り組んでくれます。

◇個別の指導にも力が入ります!

 

(番外編)インドの街にすっかり溶け込む玉井主宰?!

9月10日(水)~12日(金)インドKVSでデモ授業実施の様子

今回は、KVS sector 14 Gurgaon にて7年生、8年生(日本の中1・2生)対象に実施。
先生の関心度合いの高さと生徒のやる気を十分に感じることができました。 これから、多くのインドの子供たちが学んでくれると思うとワクワクします。
次回は、10月12日~16日に行ってきます。

◇授業に集中する生徒たち

◇Are you OK ?

◇生徒も先生も凄い集中力!

◇個別で指導する玉井

◇学校の先生も一緒に指導

◇授業後、生徒たちが集まり玉井サイン会!

KVSでの取り組みについて

制作:株式会社全教研

日本初!教材だけでなく教え方も届けています

2014年4月30日~5月2日にかけて、インドの4校のKVSで実施した模擬授業のようすです。単に教材を届けるだけでなく、”教え方”もお届けしました。

いよいよ始まる図形の極!

Kendriya Vidyalaya SangathanのDeputy CommissionerであるNagendra Goyalさんが、KVSの学校の先生方に対して、図形の極の説明を受けるように指示した書類です。(正式な書類なので嬉しいです)
いよいよ、インドで図形の極が始まります!


(クリックで拡大表示されます)

というわけでお集まりくださったKVSのメンバー及び、KVSのAdditional CommissionerのDr. Dinesh Kumarさん。
(この方は、いわゆるKVS全体の教務のトップの方です)
私たちはKumarさんが来るとは思ってもいなかったので、大変驚きました。Kumarさんからの質問に悪戦苦闘しながら答える玉井と通訳の高野 (意外と冷静)の様子をお楽しみ下さい。特に、へんてこなジャスチャーを交えて日本語でまくし立てる玉井と、それを真剣な顔で見つめているインド の先生方の神妙な表情!?にご注目下さい。
この日のミーティングの結論は、今から10日間ほどかけて、玉井式図形の極のテキストを先生方が研究するということでした。私達は、また4月の初 めにインドに行くことになりました。

インドのトイレの女神さま

デリーで仕事をする際に常宿するホテルの1Fのトイレで働く女性は、常にトイレを清潔に保ち、トイレを使用する客に手拭き用のタオルを手渡す仕事をして、チップをもらう。

海外ではサービス業の給与はかなり低いので、客からのチップが彼女の収入のほとんどを占めている。

小柄な彼女はいつもとびきりの笑顔で客に手拭きのタオルを手渡すが、客からぞんざいな態度であしらわれたり、無視されたり、チップをもらえない時も多い。が、いつも彼女はとびきりの笑顔をかかさない。

何度目かに出かけて彼女に再会したとき、
「ようこそ、私の友達。また来てくれたのね。」と声をかけられて、とても驚いた。
「私を覚えてくれていたの?」とたずねると、「もちろんよ。あなたは私の友人よ。」との答え。
「あら、とても嬉しいけど…私はたくさんのチップも差し上げてないのに。」と言うと、
「あなたはいつも笑顔で私からタオルを受け取ってくれるわ。それに、ありがとうって言ってくれるでしょ?もし、お札を投げるように渡されたら、たとえもしそれが多い金額でも嬉しくないわ。」と凛とした表情で答えてくれた。

彼女は、5人の子持ちで、ご主人は癌で亡くなったそうだ。彼女の英語は、私の話す英語よりはるかに美しく、流暢なもので、「英語がお上手だけど、どちらで勉強したの?」とたずねると、「クリスチャン学校(教会)。インドでは英語ができなければ、定期的な収入のある仕事にはつけないから。」と答えた。

彼女の子供たちは5才から15才で、小さい子もふくめて全員が家の手伝いをし、大きい子はアルバイトもして家計を助けているそうだが、それでも彼女は自分の収入の半分以上を、子供たちの未来のためにと教育費に当てている。

彼女の子供たちに会ったことはないが、きっと心も英語も美しい立派な大人に成長するにちがいない。

インドでデリー支社を立ち上げ、インド人のパートナーを2人採用しました

パイロットプロジェクトの実施に伴い、デリー支社を立ち上げました。

  【住所】 M3 26/34 Pal Mohan Mansion East Patel Nagar New Delhi, 110008, India

デリー支社に、インド国内の玉井式導入のサポートを行ってくれるインド人のパートナーを二人採用しました。
今後インド全土で拠点作りも進めていく予定です。

 Aanchal Marwahさん

IT関係の数々の資格を保有。デリー大学を卒業後、大手の人材会社であるRandstad Indiaに入社。
細かいところにも気を配る姿勢、そして優れた管理能力をもつ。

 Siddharth Marwahさん

デリーにあるインドラプラズサ大学でコンピュータ応用の学位を取得後、ロンドンにあるロンドン・メトロポリタン大学で経営学修士号を取得。
過去には、数社の日本企業でインドと日本間のプロジェクトに従事、また、Gerson & Lehrmanグループで研究アナリストとして働くなど豊富なビジネス経験を持っている。

世界へ広がる玉井式

2013年10月28日~11月1日にかけてインドを訪問した際の、現地でのプレゼンの様子です。

デリーの私立学校でのディスカッションの様子

インドを含め、海外の先生方ともディスカッションしながら教材を作成しています。
世界に通用する教材を目指してまいります。

 

会社概要 | プライバシー・ステートメント | 個人情報保護方針 | お問い合わせ