子のイラストバックナンバー

2019.1.4

子どもの問題行動を招く
親の代表的パターン


 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 ご存知のように、今年は天皇の生前退位に伴って新しい年号に代わります。天皇の退位が4月末日ですから、新しい年号の施行は5月1日になるようですね。明治、大正、昭和、平成の次はどうなるのでしょう。無論、私にはわかりません。予想できるのは、このところの年号呼称の頭にあるアルファベットが、M・T・S・Hですから、これを避けたものになる可能性が高いことぐらいでしょうか。

 ともあれ、あと数カ月で時代は次の年号へと変わっていくことになります。このコラムをお読みくださっているかたの多くは幼稚園児や小学生の保護者でしょうから、平成生まれのかたは少数で、大半は昭和生まれであろうと思います。私など、同じ昭和でも前半ですから、次の年号と聞くとすっかり老け込んだ気分になってしまいます。冗談はともかく、新しい年号がよりよい未来の幕開けとなることを念じるばかりです。

 さて、今回は大学でカウンセリング心理学の研究をされている先生の著書にあった、「親の三つのタイプ」が引き起こす子どもの問題行動を話題に取り上げてみようと思います。まずは、その「三つのタイプ」を、上記の本の内容に即して簡略にご紹介しましょう。

(1)“家来型”の親
 “家来型”は文字通り、子どもの“言いなり”になっている親です。
「子どもがかわいい」「しつけるより子どもの言いなりになるほうが、子どもとぶつからずにすむからラクだ」この二つが“家来型”の親の心理です。
 家来型の親の例をご紹介しましょう。ある先生が、クラスの“荒れ”の中心になっている子どもの親を呼んで、状況説明をしたときの親の言葉です。
「そうでしょう、わかりますか、先生。この子、わがままでしょう~。家でも手をやいています。先生も大変でしょう。でもね、この子見てください。かわいいでしょう。私、しかれないんです。」
 しかし、いつも親が言いなりになっていると、子どもは自分の感情をコントロールできなくなります。たえず誰かにかまってもらっていないと不安で仕方がない子になってしまいます。

(2)“放任型”(無責任型)の親
 最近多くなったのが、“放任型”(無責任型)の親です。
 日本でも、近年離婚が急増しています。もちろん、離婚をしても子どもをきちんと愛せる親も多いのですが、小学生の子どもを家においたまま遊びに出かけて、夜遅くまで帰ってこない親もいます。そういう親の子どもたちは、とても心細くて寂しい思いをしています。
 いまの若い親の世代は“個人主義”が多くなっています。自分の仕事は大事だし、趣味も大事。自分の時間を大事にしたい……。気持ちはわかるものの、これが先に立ちすぎてしまうと、放っておかれる子どもたちはかわいそうです。そういう子どもは寂しさからいろいろな問題行動を起こします。

(3)“支配型”の親
 昔から日本の母子は一体化する傾向が強かったのですが、近年では、電化製品の発達により家事に手間がかからなくなり、母親は多くのエネルギーを子育てに費やすようになりました。
 “支配型”の親は、子どもを支配下に置き、自分の思い通りに育てようとします。子どもにはたえず厳しい要求を突きつけています。子どもにとっては親に喜んでもらうこと、認めてもらうことほど切実なことはありません。しかし、母親はいくらがんばっても「もっとがんばれ」と要求してきます。しかし、こうした状態に子どもが耐えきれなくなる時期がやがて訪れます。

 モデリングという言葉をご存知でしょうか。子育てにおけるモデリングとは、親の行動や様子を見ている子どもが、それを真似て同じような傾向をもった人間になることを言います。たとえば、親が上記いずれかの子育てタイプであれば、それが確実に子どもの性格や行動面に反映されることになります。親の養育態度は、子どもの健全な成長を引き出すうえでとても大切なことだと言えるでしょう。

 さて、上記の三つのタイプの親に養育された子どもの心理状態について考えてみましょう(上記の本の著述に基づいています)。

(1)のタイプ   親をいつも振り回し、愛情を与え続けてもらっている子どもは、常にこちらを向いてもらっていないと気持ちが安定しなくなります。したがって、たえず誰かに構ってもらっていないと不安で仕方がない子になってしまうのです。そして、しだいに「親がしっかり向き合ってくれていない。好き勝手にやらせているのは、ほんとうは自分と本気で関わるのが面倒だからなんだ」と察するようになります。その心理が表面化して問題行動を起こすのが思春期です。

(2)のタイプ   親に放っておかれがちな子どもは愛情に飢えています。そういう子どもは人から愛情をもらっても「もっともっと、こっちを向いて」となりがちです。そして、その寂しさからいろいろな問題行動を起こします。思春期になると、子どもには依存と反発心が顕著に表れます。親に妙に反発したかと思うと、子ども返りして甘えてきます。成長するためには、どちらも受け止めてやる存在が必要です。親がそれをしてくれないと、「どうしてわかってくれないんだ」と、反発はエスカレートしてきます。

(3)のタイプ   母親が支配型の親としてふるまう家庭では、もう一人の親である父親の存在感は希薄で、子どもから見ると心理的に不在の状態であり、母子密着の息苦しさの中で、たえず“よい子”を演じ続けなければなりません。しかし、“よい子”にとって母親は永遠にOKを出してくれない存在です。 そのうち、子どもの中に自己否定的なイメージが蓄積されます。母親の従属物のような自分を嫌悪するようになるからです。そして、“よい子”から降りるため、自分を取り戻すための“爆発”が起こります。

 この本の著者である大学の先生は、上記の三つのタイプの子育てに共通する要素として、「ほんとうの意味で子ども自身を大切にせず、どこか親の都合で育ててしまっているところがあることです。そのため、この三つの親に育てられた子どもの気持ちには、“寂しさ”と“自己嫌悪”があります」と述べておられます。

 親の子育ての間違いが表面化するのは、多くの場合思春期です。今、お子さんが幼稚園児や小学生の家庭では、代表的な三つの子育てに類似した過ちが自らの子育てにいくらかあったとしても、それがわが子の成長にどのような影を落とす恐れがあるのかを察知するのは難しいものです。しかし、いざ問題が表面化したときにはやり直しは困難になっています。今回の記事を参考にしていただき、自らの子育ての現状を一度振り返ってみてはいかがでしょうか。少しでも子どもの問題行動につながる子育て要素があったなら、今から修正を図れば未然に防ぐことができます。「今だからこそ」と思い、ぜひ実行してみてください。

 今回は、明るく希望のもてる話題でなくて申し訳ないのですが、子どもの病理現象の背景には親の子育てが関わっていることが少なくありません。しかしながらこのことは、年末の記事でお伝えしたように、「子育ては芸術である」ということと背中合わせの側面をもっています。わが子が親の期待に沿った素晴らしい成長を遂げるのも、問題行動を繰り返して人生の歩みを歪めてしまうのも、その背景には親の子育てがあるのですから。




H.S