子のイラストバックナンバー

2018.12.07

アニメーションで学ぶのは
幼稚なこと?


 今回は、「玉井式国語的算数教室」の最大の特徴である、アニメーションを介した学習のよさや効能について共に考えていただこうと思います。今から玉井式の講座への入会を検討くださるかただけでなく、現在すでに受講しておられるお子さんの保護者にも、読んでご確認いただければ幸いです。

 今回取り上げたテーマは、玉井式最大の長所を、アニメーションに対する認識の間違いによってご理解いただけない保護者が一部おられることに基づき、アニメーションを活用した学習の本質についてお伝えしたいと考えたからです。

 ズバリ申し上げると、保護者のなかには「アニメーションを使って学ぶ」というだけで、「アニメで学ぶなんて幼稚」とか「学力の低い子のための勉強だろう」などと決めてかかるかたがあるようです。私が勤務していた学習塾で「玉井式」の導入を検討する際も、同様の懸念を示す人がいました。そこで、「アニメーションを介して学ぶことに、どのような効能が期待できるのか」を、専門書などを通じていろいろと調べてみました。その結果、年長児~小学校低学年児童に要請される学びと、アニメーションを活用した学びには極めて高い親和性が存在することに気づきました。

 以下は、そのことについての私の見解です。

1.アニメーションは、子どもの学びに必要な情報をシンプルに提示できる。
 アニメーションは、実写の画面と比べると情報がシンプルに提示できます。子どもに見せたいものだけに限定して提示できるし、無用の背景もカットできます。これによって、子どもを学ぶべき情報に集中させる効果を引き出します。意外と、大人はそういうことに気づきません。
 低学年児童期までの子どもは、いろいろな情報が画面に詰まっていると、指導する側が期待する描写に必ずしも興味を示さず、違うものに気をとられることがあります。ナレーションやキャラクターのセリフで誘導しても、気になるものが画面に映っていると、そちらに気を取られてしまうのです。その点、アニメーションは必要なものや背景のみを子どもに見せることができます。
 このように、学びに対する構えがまだ十分できていない年齢期の子どもに、アニメーションは大変有効な媒体なのです。

2.アニメーションで学ぶと、課題場面の状況がよくわかる。
 ご存知のかたも多いと思いますが、玉井式のアニメーションに出てくるキャラクターの中心となるのは、キャドック王国という架空の王国で暮らす1ファミリーです。このファミリーの家庭で生じる様々な事件やできごとを軸にしたストーリーがよくできており、子どもたちは知らず知らずのうちに引き込まれ、やがて算数の課題場面が登場するという仕組みになっています。
 このように、物語の筋立てに即して課題が提示される流れは、子どもにとってはいきなり算数課題を提示されるよりも状況がよくわかるうえ、「解き明かしたい!」という欲求を高めてくれます。その結果、自分で考えて望ましい式を立てる能力が培われることになります。玉井式の言うイメージング力は、このような学びの仕掛けによってもたらされるのです。
 また、エピソードを通して学んだ経験は、機械的な数字の操作で解を得るよりもはるかによく記憶に残ります。このほうが算数学力を養ううえで遥かに有効なのは言うまでもありません。

3.音声言語のほうがよく理解できる、低学年児童にマッチした学習法である。
 みなさんは、耳(聴覚)でキャッチした音声の言葉と、目(視覚)でとらえた文字の言葉とでは、どちらがわかり易いと思いますか? 言うまでもありませんが、日常生活で使用頻度が高いのは音声言語です。また、大昔の人間にとって、言葉と言えば音声によるものしか存在していませんでした。文字言語が登場したのは長い人間の歴史で見るとごく最近のことであり、当然、大人も子どもも音声言語のほうが本来的にわかり易いのです。
 特に、まだ正式に文字言語を習い始めたばかりの低学年児童期の子どもにとって、文字言語のみを頼りに算数課題を提示されるより、音声言語の補助を得て提示されるほうが遥かにわかり易いものです。
 しかも、子どもが耳にする音声言語は、プロのナレーターの臨場感あふれる語りかけの言葉です。このほうが子どもは親しみや興味をもって聞けますし、より理解が促進されるものです。「国語的算数教室」の「ものがたり算数」が放つ魅力の一翼を担っているのは、実は優れたナレーターによる音声の言葉なのです。

 確かに、高度な学びの世界へ移行するにつれて、音声言語よりも文字言語のほうが使用頻度は高くなり、それによってより複雑な意味の伴った情報伝達が可能になっていきます。しかしながら、玉井式が対象とする学習者(国語的算数教室が対象とする学びの主人公)は、音声言語から文字言語へと移行していく途中にある低学年児童です。文字を軸にした学びで成果を追求するのは、もっと年齢的に上の子どもたち。「アニメーション映像」+「優れたナレーション」による国語的算数教室の学びの手法は、子どもの年齢や発達段階にふさわしいものだと言えるでしょう。

 以上からおわかりいただけたのではないかと思いますが、「アニメーションで学ぶのは幼稚なことか」と言われると、「NO!」と言わざるを得ません。それどころか、子どもにとってやや高度な内容の学習も、無理なく理解させてくれる画期的な方法だと言っても過言ではありません。まだ長い学びの人生の入り口に立ったばかりの子どもたちにとって、学びの楽しさを教えてくれるとともに、理解の伴った真の学力を養うために、最も優れた方法の一つだと私は思っています。

 実際に授業を見ていると、何よりも子どもたちは夢中になって学んでいますし、楽しげな反応を示しています。このような能動的学びを実現する学習法が望ましくないはずがありません。以前もお伝えしたように、低学年児童期において最も大切なものの一つは、勉強に“快”の感情をもった子どもになることです。このこと一つとっても、アニメーションを活用した学びにはすばらしい価値があるのだと言えるでしょう。

H.S